お仕事としての風俗の役割

一言に風俗と言っても種類はさまざまあり、特に女性は細かい区別がつかないことが多いと思います。 風俗系でアルバイトをしたいと思っても何をするところなのかわからないと不安になってしまいますよね。 この業種がどんなことをしてどんな場所なのかをしっかりと知った上でアルバイト探しをしてください。

いくらぐらい稼げる?

職種やサービス内容の違いやそれぞれの働き方や料金形態によってアルバイト料の相場は変わってきます。 特に風俗系のお仕事は1日にどれくらい稼ぎたいのか、どの程度のお仕事までならできるのかなどの判断基準が大切となりますので相場をしっかり確認したうえでアルバイト選びの参考にしてください。

仕事の魅力と注意点

どんな種類のお仕事でもメリットとデメリットは存在します。 特に風俗系のお仕事の場合は、身体的にも精神的にも世の中の印象より決して楽な仕事内容ではありませんので、メリットとデメリットをしっかり確認し、理解することが大切です。 理解を深めて事前準備をしてから風俗の世界に飛び込んでみてください。

仕事内容をしっかりと知っておこう

現在世の中にはさまざまな職業があり、豊かな生活と共に人々の需要の種類も増えました。
その中の一つに職業の一種として風俗があります。

昔は吉原を代表とする遊郭が今で言う風俗街でした。
ただ違う点は幕府によって公認されており、働く遊女は自ら望んで遊郭に入ることはほぼ皆無で、もちろん年季があけるまで(借金が返し終わるまで)は出ていく自由もありません。

しかし現代では職業の選択肢の一つであり、辞める時も自由です。
種類も需要の拡大とともにさまざまな種類のサービスを提供する風俗店が増え、自分に合った仕事内容や働き方を選ぶこともできます。

他のお仕事と変わらずにお客様に満足して帰ってもらうことを目的とし、その為のテクニックを磨くために日々一生懸命努力している方が多く、自分の仕事に誇りを持っている方がほとんどです。
もちろん、自分の身体を使ったお仕事なので昔も今も変わらずに楽に稼げるお仕事ではありません。

どんなお仕事にも役割があり、その役割を実行してくれる人がいるおかげで社会生活が成り立ちます。
風俗のお仕事の役割の一つとして性犯罪の抑制があります。
人それぞれさまざまな性癖があることは決して悪いことではありませんが、犯罪につながってしまうような強い欲求を満たすためにプロフェッショナルのお仕事に頼ることで犯罪を起こさなくて済むと言ったような役割はとても重要です。

もし今現在風俗のお仕事をしている方で引け目を感じてしまっている方は、そんないくつもの役割を考えて、自らの意思で仕事を選んで自らの意思で辞めることのできるお仕事だからこそ、その役割に誇りを持ってお仕事を続けてください。


TOP