お仕事としての風俗の役割

初心者におすすめ!ソフトサービス

ソフトなものから始めたい方は、セクシーキャバクラ、オナニークラブ、回春エステ、性感エステがおすすめです。
セクシーキャバクラは簡単に言ってしまえばお触りありのキャバクラで、オナニークラブはお客様の自慰行為を鑑賞したり自分の行為を見せたりする場所です。
回春エステは男性の性的機能を回復させるためのエステやマッサージを提供し、性感エステは回春エステと同じく性的機能の回復を目的としていますが手を使ってお客様の射精を導くのが特徴となります。

ソフトサービスに慣れたら、もう少し進んでヘルスサービスが含まれているデリバリーヘルス、ファッションヘルスも選択肢に入れてみてください。
上でご紹介したソフトなものとの違いは口でのサービスがあることで、口内射精もサービスに含まれます。
デリバリーヘルスはお客様の自宅やホテルなどに移動して、ファッションヘルスは店舗型の接客となります。

ハードサービスは上級者向け?

ハードと言えばSMクラブが最初に思いつきますよね。
S役の女王様とM役のM嬢に分かれていて、仕事内容も違うので応募する前は注意してください。
サービス内容は縛り、鞭打ち、ヒール踏み、蝋燭責めなどが基本ですが、このサービスが必須サービスではないソフトSMも存在しますので仕事内容をしっかり確認しましょう。
こちらは本番行為自体はないものの仕事内容が特殊ですので注意してください。

風俗系のお仕事の中で唯一本番行為が含まれるのがソープランドです。
ソープランドにはお風呂があり、浴室にマットを敷いてローションプレイや特殊な椅子を使ったサービスがあり、風俗におけるほとんどの性的サービスがあるのが特徴となります。
サービス内容が充実しているため、他の業種よりもテクニックが必要となり、体力も使いますので決して楽なお仕事ではありません。



TOP